ニュース(2016.01.22)

本研究センターが文部科学省「共同利用・共同研究拠点」に認定され、拠点活動を継続することになりました。

 

「共同利用・共同研究拠点」認定(継続)のお知らせ

 

 

 

 本研究センターが文部科学省「共同利用・共同研究拠点」に認定され、拠点活動を継続することになりました。

 

 

  • 電子光理学研究センターは平成23年度から平成27年度までの5年間に引き続き、平成28年以降も電子光理学研究拠点に認定されました。
  •  電子光理学研究センターは、国内大学随一のGeV領域(1.3GeV)電子シンクロトロンと国内最大電子ビームパワー(10kW)を誇る電子リナックを併せ持つ大学附置研究センターとして、種々の高エネルギー電子光ビームの生成と応用に依拠した大学加速器施設ならではのユニークな教育・研究活動を展開することで、世界トップレベルの電子光理学拠点形成を目指しています。
  • 高エネルギー電子光ビームによる原子核物理研究を中心とした極限物質階層科学、電子線が放つ新奇光源開発を目指す超放射光科学、光核反応で製造する放射性同位元素を利用する放射核化学の未踏研究/応用領域開拓とともに、全国共同利用研究および学生教育・人材育成に電子光ビームを提供して関連分野の発展に寄与しています。

 

2016年1月22日

東北大学電子光理学研究センター長  濱 広幸

 

 

 

PAGE TOP